MUSICROBOTについて

MUSICROBOT

音楽・演劇・演出における、人とロボットの共生

コンピュータの高速大容量化によりデジタルオーディオワークステーション(DAW)による高度な音楽制作が一般的となりました。今日の音楽を楽器本来の響きで楽しめる新しい演奏表現を提案します。デジタルで制作された楽曲をロボットが演奏する方法です。本格的なロボット演奏が音楽文化にどのような変革をもたらすかを探究しています。

MUSICROBOTは人とロボットがお互いに楽器を演奏したり歌を歌う共演技術から、音楽・演劇・演出における『人とロボットの共生』をめざしています。臨場感あふれるハーモニーから、音楽、演劇、演出の新しい可能性を提案します。

楽器演奏ロボットの可能性
IROPS(Interactive Robotic Percussion Systems)として、ドラムやラテン系パーカッションなどの様々な打楽器をリアルタイム MIDIによりライブ演奏を実現しています。デジタルからアナログ制御への変換技術から音楽性を損なわない演奏を実現しています(特許第6573355号)。現在、MUSICROBOTとしてIROPS-2号機、3号機、4号機、5号機、6号機、7号機の実機を開発しています。

楽器演奏で合奏して得られるハーモニーに、独特のハーモニーや、演奏効果が生まれることがわかってきました。

MUSICRBOTの技術は、遠隔操作インターフェースと組み合わせることで、打楽器を遠隔で演奏することができます。緩急や強弱などの演奏する人の意図で、ロボットと合奏することもできます。バーチャルシンガーと共演することも可能です。本演奏技術は、例えば、障がいをもつ方々(聴覚障がい、視覚障がい、肢体不自由、車いす)、ALSや筋ジストロフィー難病を患う方々が、身体動き(眼球の動きを含む)や、感覚機能を駆使して、本人の意思で楽器を楽しめるように、さらに、遠隔演奏の方法から一緒に合奏を楽しむことを支援します。演奏支援装置の開発は『バリアフリーミュージック』の実現に不可欠であり、挑戦しています。また現在日本では少子化により、楽器を演奏する児童が足りない小規模校が増えており、授業や音楽会、思い出となる卒業式の演奏を支援する方策も探求しています。さらに、高齢の方々が音楽の力でより元気になる、リハビリテーションへの支援を含めて、こうした少子高齢化における音楽の支援についても探求しています。

musicrobot_pan_25_A_2p.pdf

https://musicrobot.org
https://musicrobot.jp
https://www.facebook.com/musicrobotlab

※ MUSICROBOTは登録商標:
登録商標第6211158号
登録商標第6289705号
※ MUSICROBOTのコア技術は特許:
登録特許第6573355号
※バリアフリーミュージックは登録商標:
登録商標第6211159号

The following two tabs change content below.

MUSICROBOT

MUSICROBOTの活動に関する話題や試作品に限定し、ネット上で開示できる内容のみを発信しています。
error: Alert: Content is protected !!